kyouの答案

予備試験受験生が悩みながら書いた答案をpdfで(ほぼ)毎日晒していく勉強記録ブログ。答案構成のマインドマップも晒してます。内容も見てもらえたら嬉しいですが、「毎日書いてるね」と思ってもらえるだけで嬉しいです。

予備試験民法(平成27年)の答案を書いてみました。

予備試験を目指す運営人が予備試験民法(平成27年)の答案を書いてみました。

当ブログの48通目の答案です。

 

 

本当は平成26年の問題解きたかったんですけども。請負契約の補修(修補?)に代わる損害賠償請求の根拠条文が415条の1項なのか2項なのか調べてたら、訳わからなくなりまして。笑 ちょっと一旦寝かせようと思って、先に平成27年を解きました。

それで、実は今回先に参考を読んでません。実は問題文をザッと見た時に似た問題をロープラで解いたことに気づきました。この問題ですね。

 

kyoulaw.hatenablog.com

それで、「解説読まないでイケるかも?」と思ったのと。

予備過去問の優先順位をつける際に参考にしてるアポロさんのブログ(下にリンクあります)によれば、この問題は「予備試験民法の真骨頂」という評価だったのですね。

最近、少し民法の勘も戻ってきたので、一度初見でそんな評価の問題を解説見ずにやったらどうなるかを確認してみたいと思ったので、やってみました。その代わり時間制限は気にせず、丁寧に問題と条文に向き合う感じでやってみた感じです。

 

例の如く、問題文は法務省HPからダウンロードしました。

www.moj.go.jp

 

【私の答案】

⑴雑な感想

・いや、やっぱ難しいとは思いました。複雑でした。けど、六法と問題文だけで解いたにしては結構頑張ったんじゃないか?などとも思ってます。

 

⑵私が問題文にした書き込みと答案構成です。過去問の問題文は著作権的に問題なさそうなので掲載します。答案以上に判読不能ですが、まあ、恥を晒すブログなので…笑(作成所要時間は多分1時間くらい)

drive.google.com

・今回問題文へのマーカー少な!と今見て思ったんですけど、全部図に情報落とし込んでたからですね。よく考えたら、構成は図を見ながら考えてました。

・設問1については、やはりロープラで解いたものそのものでしたね。というか、ロープラの問題のモデルがこの問題でしたね。伝統工芸品とかも同じでしたし。予備の過去問採用してたんですね、ロープラ。知らなかった。ただ、記録を見ると117日前に書いた答案のようで細かいところは忘れてました。どんなんだっけ?と思いつつ考えました。判例の結論はうっすら覚えてたので、そこをテコに組み立てたところもあります。ただ、問題となった判例が返還請求の可否みたいな判示してませんでしたっけ?後で確認しますけど。だから、答案構成ではこんな感じで問題提起をしてますが、答案書きながらちょっと変かな?と思って変えました。詳しくは答案の感想で。

また、ここはやはり相続関係の条文、共有関係の条文を適切に適示できたかも大事なのではないかと思いました。共有はともかく相続関係の条文は民法は前提でよく使う気がするので、しっかり覚えていた方が楽な気がしました。いちいち六法引いてたらめちゃくちゃ時間かかりますね。

・設問2についてもなんとなく見覚えあるんですよね。この辺の問題?

kyoulaw.hatenablog.com

 

 

kyoulaw.hatenablog.com

・あんま覚えてないんですよね。笑 なんか自分でも「やけに調子よくねーか?」と思いながら解釈論展開してたので、やったのかもですね。笑 あとでちゃんと確認してみます。

規範は相続制度と共有制度をいかにバランス取るか?みたいなことを考えながら定立しました。まだ確認してないですけど、もしロープラでの演習が役に立ってたら嬉しいっすね。過去問ちゃんと始めたの遅かったんでコンプレックスだったんですけど、無駄じゃなかったなら報われます。

 

⑶私の答案はこちらです。(作成所要時間69分)

リンクで飛ぶと拡大できます。

書いたものをそのままpdfにしてgoogleドライブで公開していますので、乱筆御免でよろしくお願いします。

drive.google.com

・答案構成をじっくりやったのでせめて書くのは45分ぐらいにしたかったけど無理でした。笑 ただ、ロープラの残像はともかく基本は独力で解いたので今回は仕方ないか、と思うことにします。

・第1の問題提起(22行目から32行目)はちょっともたつきましたね。

答案構成のところで書いた通り、問題となる判例は返還請求の可否の話をしてた気がするんですよね。けど、これって要件事実的にはどこの話?と書きながら思って。それで結局、使用権を基礎にBは占有したいんだから、正当な占有権原の話なのでは?と思って、こう書きました。ちょっと謎です。前も調べた気がするんですけど、答えが見つからなかったか忘れてるかどっちかですね。笑 そんなことを考えてたら問題提起(32行目)もモヤモヤしたんでしょう、直してますね。

・あとは基本は答案構成通りなんですけど、登記移転債務が贈与契約で発生するかはちょっと問題になるか?と書きながら思ったので補いました。(53〜55行目)

・社会通念上「不能」といえるかのあてはめが前後しちゃったのが残念ですね。登記移転債務の可分性の問題定期もちょっと書きづらく感じました。

・なんか全体的に問題提起で苦労してましたかね。これはでも大事なところなのである程度、事実からの問題提起の流れを整備しときたいですね。

⑷全体の感想

・ちょっと出題趣旨を読むの怖かったんですけど、今読んでみました。大外しはしてない?のかな?ちょっと不可分債務あたりはよくわからないですけど。後で復習します。

 

こんなところでしょうか。

今回も駄文長文失礼いたしました。

答案作成の感想は以上です。

【復習のまとめ】

ここでは復習内容をまとめます。が、この問題はまだ復習してないので、後日更新します。

【今回の問題に関連する予備校講座】

私が総合講義300を受講していたアガルートでは司法試験 | 予備試験 論文過去問解析講座 がリリースされてます。

この講座ではプロ講師による答案例も入手できますし、この記事を読んで同書による演習に興味が出た方は受講を検討してみるといいとおもいます。

【予備試験の参考になるサイト】

最近、こちらのブログを良く参照しています。

(リンクの許可いただきありがとうございます!)

予備試験過去問の優先順位ランクの記事があり、こちらを参考にしつつ過去問にあたるつもりです。

aporo104.hatenablog.jp

 

【参考文献】

この記事を含めて憲法の論文を作成するにあたっては、以下の記事にある書籍を参考にしています。

 

kyoulaw.hatenablog.com

 

 

 

【関連問題】

 

【予備試験答案リスト】

当ブログで作成した、予備試験過去問の答案リストです。

 

kyoulaw.hatenablog.com

 

【このブログの読み方(初めての方用)】

初めての方はこちらをご一読ください。答案を読んでいただく際の注意点などを詳しめに述べてます。ざっくり言うと一受験生が書く答案なので、不正確だし齟齬もあり得ます等々を書いてます。